身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

昨日申し上げましたが、人のせいに出来なくなると、否定的なことを考えなくなります

だからと言って、もちろん、自分を責めるということではありません

これは、自分の潜在意識から解き放たれた、今回の人生で体験ししようと決めてきた運命/宿命だと思うようにします

こう思うことによるもう一つのメリットは、思考が止まるということです

思考が止まると、文明運命として体験すると決めてきた出来事がすばやく終了していきます

それはネガティブな思考を使わないことで、出来事が悪化しないことと、思考を使わないことによって感じることが出来る。すなわち観測者になることが出来るからです

出来事は観測され、潜在意識を通じて天に報告されれ、そしてそれは満足され閉じていきます



「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉があります

次の空也上人の言葉をもとに作られたものだそうです

「山あいの川を流れてきたトチの実は、自分から川に身を投げたからこそやがては浮かび上がり、こうして広い下流に到達することができたのだ」


この成功法則は理屈では説明できません

体験していくより他ないのです

ですからすべての一見つらいことに見える体験は神からのギフトなのです

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。