発明と悟り

115.jpg


有名なトーマスエジソンの言葉に、「天才は1%のひらめきと99%の汗」 という言葉があります
実はこれは誤訳であり、この表現の本当の意味は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」
ということらいいです

では本当の意味の方を使って、発明と悟りを比べてみたいと思います

ご存じのとおり、悟りも〇〇をやったら必ず開けるというものではありません
これだけの荒行をやったから、これだけの知識を得たからと言って、悟りを開くことは保証されていません
最後の1%を待てずに途中であきらめてしまう人は少なからすいます

しかし、発明と同じく、この99%の努力がないと達成できないのも事実です

悟りにおける「1%のひらめき」とはなんでしょうか?

これは人によって様々です
獅子脅しの「こーん」という音だったり、トイレに行ったときだったり、何気なく友達が発した言葉だったり、挫折を受け入れた瞬間だったり、全てを投げ捨てサレンダーした瞬間だったりします

コツコツとやれることをやってテンパってると、ちょっとした弾みが「1%のひらめき」になります

アインシュタインは「いかなる問題も、それが発生したのと同じ次元で解決することはできない」といいました

最後の1%が違う次元に連れて行ってくれる

悟りとは人生を題材にした発明品です

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。