問題人格を武器にする(その1)

こんにちは
ここを訪れていただきありがとうございます

だれしも自分の中で好きなところ嫌いなところがあると思います

そして、嫌いな自分(人格)はできるならなくなってほしいと思っています

でもなかなかその嫌いな人格はなくなってくれません

それは、実は自分自身がそのいやな人格によって守られている時があるからです

攻撃的な人は、その姿勢を示すことで、都合の悪いことが近づかないようにしていますし、内気だと思っている人は、自分を表現しないことで波風を立たせずに済ませようと思っています

自分では、ネガティブ脱兎持っている人格に守られてる自分がいることに気づくことは大きな進歩です

もし誰もこの世になかったとしたら、誰も自分を変える必要があるとは思いません

サルトルは「他人は地獄だ」といいました
他人を意識したときに、人は不幸になります

もし、周りの人は全てロボットであなたに反応することはあっても、あなたのことを記憶に留めないとしたらどうでしょう

全ての不幸を手放せそうな気がしませんか?

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 blog_import_53896c2441f5d.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。