サレンダー

96d4e9516c216c.jpeg


最近成功哲学の本を読んでみました
ずいぶんと昔はこの手の本を読み漁りましたがここ数十年ほとんど読んでいませんでしたが、このブログでも成功法則を扱うので久しぶりに読んでみようと思いました

なぜ読まなくなったかというと、理由は2つです
1)正しい願望を知らないことが多い
これは何度かこのブログでお話していますが、心の傷を隠すための願望は叶いにくいものです。むしろ間違った願望は心の傷をさらに覆い隠すという逆効果、遠回りの人生になることがあります
2)本当にかなえられる願望は、マニュアルを使わなくとも吸い寄せられるように叶う
これもこのブログで書いたことですが、本当に叶う願望は、小細工せずとも叶っていきます。むしろ、流れに身を任せる(サレンダー)ことが大事です。そうするとやるべきことはぐんぐん具体化していきますし、それに対するやる気も出てきます

その最近読んだ本に、面白いなと思ったことが書いてありましたので紹介させていただきます

その本には、怠惰な願望を持ってはいけないと書いてありました

例えば「数十億円のお金を手に入れて、ビーチーで優雅に寝転んで人生を送る」という願いをしたとすると、今すぐ実現可能な、「寝転んで人生を送る」という部分が潜在意識に届き、怠惰な部分が現実化し、かえって社会生活を難しくする、と書いてありました

しっかりと成功法則の問題点を書いてあったのでいい本だと思いました


単純にイメージすれば叶うというのは危険性が含まれています

だからといって、複雑なマニュアルを使ったり、複雑な分析をしたりしてまで成功法則を使って行こうというのは個人的には好きではありません

簡単に生きて行くのが、一番と思います
悪いことが起こっても、これは自分の引き出した運命なのだとサレンダーし、気づきを得る
いい事が起これば、神様ありがとうといってそれに従う

これが、わらしべ長者になるコツだと思います

シンプルにしていくことは近道でもあります

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

air_rank.gif banner_21.gif philosophy88_31.gif



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。