宇宙/悟りのパラドックス4 左の頬を打たれたら、右の頬を出す?

 8aeb068ae89503e2a1e8968fd45d.jpeg

こんにちは
ここを訪れていただきありがとうございます

今週末は意図的に心の底からネガティブな感情を浮き上がらせ、浄化させていました

昔は、そのわき上がるネガティブなものを見つめて、感じることで浄化させていましが、最近は瞑想を活用することで、すばやく手放すことが出来ます


イエスは「左の頬を打たれたら、右の頬を出せ」といいました

以下、新・旧約聖書の言葉を引用します

あなたがたも聞いているとおり、「目には目を、歯には歯を」と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい

あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい

人に傷害を加えた者は、それと同一の傷害を受けねばならない。骨折には骨折を、目には目を、歯には歯をもって人に与えたと同じ傷害を受けねばならない



これは処世術ではなく、浄化の方法のひとつです

今風にこれらの言葉を言い換えると

  1. 何か悪いことが起こったときは、消す予定だったカルマが現象となって現れただけだから、素直に叩かれることで、カルマを終わらせよう。反撃するとカルマは消えないからまた、同じ様な目にあってしまう
  2. もしも、左の頬を打たれただけでカルマが消えていないなら、右の頬を出して全部カルマを消してもらおう。もしも、左頬だけでカルマが消えたなら、右頬は殴られることはないだろう
  3. 災難にあったときは、何らかの方法で、失ったものを取り戻そうとするのはやめよう。なぜなら、今カルマが消えたのだから
  4. どうせだったら、上着だってあげちゃおう。カルマをとってくれたことに感謝して(情けは人のためならず)

この世界は幻想だといわれて言います
すべては自分が描いている筋書きです
映画マトリックスのように

そう思うといやな出来事も受け止められるようになります

スクリーンのルールと、映写機のルールが違っています
ですから悟りはパラドックスになっています

スクリーンの上にいても、映写機のルールを使うと、次元アップします

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 blog_import_53896c2441f5d.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。