無限と有限の交換機 -呼吸と気づき-

l201106101800.jpg

こんにちわ
ここを訪れていただきありがとうございます

昨日お伝えしました、「呼吸に意識を合わせる」ことはトライされましたでしょうか

呼吸と気づきは、とても似た関係にあります

呼吸は普段しているときに意識することはありません
でも、ちょっとした拍子に呼吸に気づきます

とても素晴らしい景色を見たとき、激しい運動をしたとき、驚いた時などです
思考が途切れた瞬間、自分の呼吸に気づきます
それは突然やってきます

気づき/悟りも同じです
気づこうとしても気づけませんが
気づきは突然向こうからやってきます

呼吸に気づくと、意識して呼吸をします
意識して呼吸をし始めると、今度はどうやったら無意識に呼吸を戻すことが出来るのか不安/不思議になります
気づきも同様に、気づいたのはいいけど、その気付きを使って日常生活をやっていけるかどうか戸惑います

意識して呼吸をしていても、いつかはその呼吸を忘れます
呼吸が意識から無意識に沈み込む瞬間は、人が思考に心を奪われたときです

呼吸によってエネルギーが高まると、また思考は活動を始めるからです


悟りの体験をした人は言います、「(悟る前より)我々はずっと悟っていた」と
それは、呼吸を意識した人が、「(呼吸に気づく前から)我々はずっと呼吸していた」というのと似ています

呼吸と気づきの特性、リズムはとてもよく似ています


呼吸というのは古来、日本において武道に限らず、”道”と名のつくものにおいて大切にされてきました
呼吸の持ち方が、意識を変容し、集中力を高め、勝/成し遂げるための境地を見出すからでしょう

呼吸は無限と有限の交換機です

人は99.99%以上、無意識に呼吸しています
今まで無意識にしていた呼吸を、意識にひき戻し、生活と調和させることで多くの変容が現れます


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

 banner_21.gif philosophy88_31.gif精神世界ランキング



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント