無限と有限の狭間にある変換機

5210463195_2a620dfa4e_b.jpg


こんにちは
ここを訪れていただきありがとうございます

4月15日の皆既月食以来、一昨日のウエサックの満月まで非常に大きな変容が続いていました
そしていま、ウエサックの満月以来非常に大きな至福を感じます

これからまだ変容は続きそうですが、より新しい時代が形作られるプロセスです

皆さんもぜひ、ウエサック以降の大きなエネルギーを感じてみてください

一番いいのは呼吸を使って思考を止めることだと思います

一昨日、「網戸」の話をしました
人間は”外の世界”と”内なる世界”の狭間にある存在、つまり、人間は、空という無限から流れ込むエネルギーを、有限という物質世界に変換する、変換装置です

人間は、無限と有限の狭間の変換機ですから、心のプリズムを磨きさえすれば、自分の望む現実を引き寄せることが出来ます
(「心のプリズム」、「光の錬金術」シリーズもご覧ください)

思考も物質の一つです
なぜなら、どちらも有限世界におけるひとつのエネルギーの形態だからです

物質の引き寄せには心のプリズムを変容させる必要がありますが

思考の変容であれば呼吸を使って行うことが出来ます

この週末、落ち着いた時間の取れるとき、もしくは気分のいい時に、スースーという音に集中して(スースーと言いながらやってみるのもいいと思います)、言葉を使わない体を感じてみませんか?

そこに幸福感があれば、それは真我に触れたからです
真我はいつも幸福です


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

 banner_21.gif philosophy88_31.gif精神世界ランキング



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント