光の錬金術 -光の子たち- (その9)お金

IMG_0754.JPG

おはようございます
ここを訪れていただきありがとうございます

「アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話」の本のなかで
マハラジは情熱を持てば願いは叶うということをいっています
マハラジのような覚者が願望実現を語るのは珍しいことだと思いますが、マハラジは、個人の願いであれば、個人の力の範囲で叶う
社会や世界のためになる願いであれば、多くの潜在意識が味方して、より多くの力を授かるといっています

このシリーズ最後に、お金について考えてみたいと思います

シリーズの中で
 物質と思考は足し算の法則(集めれば集めるほど増える)
 光と心は引き算の法則(配れば配るほど明るく、幸せになる)
という説明をしました
余談ですが、物質と心は法則が反対ですから、「物質を集めても、幸せになるとは限らない」ということがわかります

お金は物質ではなくエネルギーです
ですからお金自体は、光と心と同じ、引き算の法則が当てはまります
お金で手にいれた物質は、足し算の法則を使いますから、お金も足し算の法則が当てはまるような勘違いをしてしまいます
お金は自分と別のものというよりは、人生を運ぶエネルギーのようなものです

ですから使えば使うほど入ってきます
光と心と同じように、扱って大切にするとまた戻ってきます

お金は、大我の願望をかなえるエネルギーが流れるようになれば、大きなお金が入ってきます
大我にあれば、お金の大河に乗ることが出来ます

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 

air_rank.gif banner_21.gif philosophy88_31.gif



 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。