光の錬金術 -光の子たち- (その7)自分許しのゲーム

8458538984_c69b91874d_b.jpg

おはようございます
ここを訪れていただきありがとうございます

今日は自分許しのゲームの話です
とことん自分を許すゲームです

人は一番自分のことを許していないものです
ですからとことん自分を許してみましょう

もし、自分が自分を許していれば、万が一他人から何か言われても、簡単にその場で解決が出来るような心のゆとりが生まれます
こだわりのなくしてしまった人を見ると、相手のほうの怒りも消えていきます

自分で自分を許すことが一番大切です
自分を許せるのは自分自身しかいません

このゲームは、夜寝る前や入浴中など、自分ひとりになれるときに、目をつぶってやってみてください
願望達成のために必要な浄化ができます

浮き上がってくるエゴと、自分の意識の会話です
浮き上がってきた考えのすべてに、「許す」または「受け入れる」といってみてください
エゴのいったことをオウム返しにして許してみてください

目をつぶって、自分の願望を考えたときに、浮かんでくるネガティブな考えやイメージを聞きます

以下、サンプルです

エゴ「そんな大きな夢をみたってがんばりきれないぞ」
自分「(そんな大きな夢をみたってがんばりきれないぞ)といっている、自分を許します」

エゴ「そうだ、いつも自分はがんばれないんだ」
自分「(いつも自分はがんばれないんだ)といっている、自分を許します」

エゴ「がんばりもしないで夢が叶うとでも思っているの?」
自分「(がんばりもしないで夢が叶うとでも思っているの?)といっている、自分を許します」

エゴ「許す許すって、許すだけで幸せになれると思っているの?」
自分「(許すだけで幸せになれると思っているの?)と疑っているいっている、自分を許します」

エゴ「許すだけだと?何にもしないんだぞ?それで何かが変わるのか?」
自分「(何にもしないんだぞ?それで何かが変わるのか?)といっている、自分を許します」

エゴ「こんなゲームやったって俺/わたしは、絶対自分を許せないのを知っている」
自分「(こんなゲームやったって俺/わたしは、絶対自分を許せないのを知っている)といっている、自分を許します」

はじめは願望についての反論が出てくると思います
次に、エゴは許すこと自身に反対してくるかもしれません
許してしまうとエゴの存在意義がなくなるからです
さらに、続けましょう、エゴを小さくするが目的ですから

エゴ「エゴ/思考がなくなったら不安だぞ、どうしていいかわからないぞ」
自分「(エゴ/思考がなくなったら不安だぞ、どうしていいかわからないぞ)といっている、自分を許します」

エゴ「いっぱいやらなければいけないことがあるんだ。許してたら忘れてしまうぞ」
自分「(いっぱいやらなければいけないことがあるんだ。許してたら忘れてしまうぞ)といっている、自分を許します」


これはゲームですから、どこまでも許し続けてください
そうすると、突然エゴが静かになって、心地よい“いま”が現れます

もしかすると、ドッキとするイメージや音、言葉が出てくるかもしれません
もしそうだとすると、心のしこりの中ボスか大ボスです

逃げ足が速いのですぐに消えていくかもしれません
そのときの感覚や、体のキュンときた部分を覚えておくとあとで、浄化しやすくなります
もし見失ってっても、自分許しのゲームをすればまた必ず現れます

エゴ「今見えたの怖かっただろう」
自分「怖いと思った、自分を許します」


エゴと戦っても勝ち目はありません
なぜならそれは、それは自分自身の影だからです
鏡に映った自分にパンチは出来ません

出てきてくれたことに感謝し、許しましょう

存在に気づけたのですから
そうすれば消えて行きます

このゲームの時間は長くても短くてもいいです
好きなだけやった自分を許しましょう

とことん自分を許すことで、浄化は進みます
そして、自分自身を知ることが出来ます

つづきます

m(_ _)m ランキング参加しています。宜しくお願いいたします ヽ(´▽`)/

air_rank.gif banner_21.gif philosophy88_31.gif



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。