セドナのボルテックス

エアポートメサ


写真はからの眺望です

カテドラルロック、ベルロック、エアポートメサなどのボルテックスで瞑想してきました

そんなに大きな違いはないかなと思いましたが結構いい瞑想ができました

土地のエネルギー侮れず、です

その土地その土地と一体感を感じることは素晴らしいなと思います

また、セドナでは、雷雨や雹なども降ってきましたが、すぐに青空に戻り、むしろ暑さしのぎの雨も楽しめました

赤ん坊の機嫌のような天候もまた良しです


日常生活を離れ旅をしていると、目の前のことだけに集中できます

その意味では旅自体が瞑想のようなものだなと思います


そう思うと、人生という幻想も大きな旅ですから、確かに「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり」「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」だなと思います


どんな人生を送っても死ぬときは、その夢の跡にホッとしながら消えていけると確信します


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。