幸せと至福の違い(有色と無色)

(昨日の続きです)

すべての色は無色から現れ、現れた色彩は心の成熟によって無色に戻されていきます

つまり、色即是空です

人は、空即是色(色を生み)、色即是空(空に戻る)を行う変換器です


一つ一つの色は個性であり喜怒哀楽です

色の中に自分にとっての幸せの色を見つけることができるでしょう

一方で、あまり好きではない幸せと反対の色を避けることができないのも事実


しかし無色は喜怒哀楽を超えた至福です

つまり「ある」だけがある状態です


有色=人生
無色=悟り

と言い換えられます

有色と無色には同じ光の性質を持ちながら次元の違いがあります

これが幸せと至福の違いになります




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。