光は引き算の法則

いま西海岸で朝の4時過ぎです
時差ぼけで早起きしました



(昨日の続きです)

人はもともと至福です

後から付け足した観念を取り除くと至福がずっと自分から離れずにいたことがわかります


太陽から生まれた光は無色で、その無色の光を分けていくと色が現れはじめます

例えば、無色の光から赤い光を取り出すと、スカイブルーの光が残ります

スカブルーから緑を取り出すと、青が残ります

こうやって何もない無色からとことから、赤、緑、青を取り出すことができます

そして3色の色合いの体験を楽しむことができます

赤、緑、青の体験に感謝し、その3つに光を束ねるとまた無色に戻ります

無から体験は現れ、体験は無にもどっていきます
それが一つのドラマです



さて今度は、無色の光を7つの虹に分けてみましょう

あなたの好きな順番で、赤、 オレンジ、 黄色、 緑、 水色、 青、 紫を取り出すことができます

不思議ですねもっと多くの色が現れます

色を楽しんでください

好きな色の輝きを

あまり好きではない色もありますか?

無という完璧な状態からは、必要な色が一つのセットとして現れます

好きではない色を無視すると、分割のゲームが完結されません

すべての色を経験すると、初めてそれら全てを集めて、無色の光に戻すことができます
七つの色は喜怒哀楽に例えることができます
無色は至福です


すべての体験を抜き去って一つにまとめた時に、無という至福が戻ってきます

これが光の引き算の法則です


今度は24色、36色、144色に挑戦してみますか?

あなたの思し召すままです


ちなみに、赤、緑、青の3色の絵の具を混ぜるとどうなると思いますか?
絵の具は物質ですから、足し算の法則が働きます
ですから3色の絵の具を混ぜると「」になってしまいます
光と物質は反対の結果につながります



人は光の子ですから、心のは引き算の法則を使わないと幸せにはなれません
しかし、長い間物質文明の中にいるとそれを忘れて、幸せになろうとして心に多くを溜め込んで、逆に心を暗く重い色に変えていってしまいます

イエスは「金持ちが天国に行くのは、ラクダが針の穴を通るより難しい」という意味と同じですね



何か感じることがありましたでしょうか?もし何か感じることが出来たらお互いに大成功です。それを言葉にせずにそのままにしておいてください。言葉や理解、そして変化は後から勝手にあなたを追いかけてきます

ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
blog_import_53896bc66999d.gif







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。