私のリコネクション1

最近、クズネッツの波ぐらい長い一つの気づきのサイクルが終わりました

感覚的に言うと「過去の清算と、源へのリコネクション」

そして新しいサイクルの始まり


ちなみに、私が最初の一瞥体験をしたのは今から27年前です

突然「全ては幻想だ。今お前は夢の中にいる。そしてこの夢の中には誰もいない」、「お前は五感を使ってこの世界を確かめるかもしれない。そして、音、視界、匂い、味覚、手触りを確認して上で、現実は確かにここにある言うかもしれない。しかし、実はお前の知らない感覚がある。お前の世界は限定されたものだ。」

このメッセージは心に響き、私はこれが正しいことを確信しました

ナイナイ野郎(非二元様)からのメッセージだったのです

一方で、当惑もしました

「もしこの世界が幻想というならそれをどうやって確かめる?自分の作り上げた幻想の中で、これはあなたの幻想だと教えてくれる人を探すのだろうか?そして僕はそれを信じるのだろうか?全部自分の夢だったとしたら、自分の夢の中の情報に何の意味がある?」

高校時代より、思想や禅には興味があって、関係する本を読んでいましたが、当時こんなことを書いている本には出会ったことがありませんでした

この経験自身はインパクトの強いものでした

しかしそこから探究をすることはありませんでした

夢の中で夢を見破る方法が見当たらなかったからです

もう少し正直に言うと、幻想を捨てる勇気がなかったからです

そして、皮肉なことに、ここから約15年間、もっと自我を強くする方向に人生は流れていきました


もし、27年前に、この世界は幻想だという言葉をただそのまま信じ、言葉の通りに生きていたら、どうなっただろう?

こんな”もしも”は確かめようもありませんが、それはそれで荊の道であったかもしれないと思います

当時は今と違って、こんな話をする人は皆無でしたから、理解されない苦しみを味わったことと思います

その意味では自分は、ちょうどよく生きたのかもしれません

こんな中途半端さを思う時、「お前はお前でちょうどいい」という良寛の言葉が思い出されます


つづきます


何か感じることがありましたでしょうか?もし何か感じることが出来たらお互いに大成功です。それを言葉にせずにそのままにしておいてください。言葉や理解、そして変化は後から勝手にあなたを追いかけてきます

ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
blog_import_53896bc66999d.gif


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。