Two Hats -気づき- 

-今日の日記は6月23日の記事の続きで書いています-

「目からうろこが落ちる」これはまさしく気づきの瞬間です

そんな経験を「ウロコポーロ」と呼んでいる人がいました

うまい!座布団一枚

そうそんなウロコポーロによって人生に気づきと変化が与えていきます

マルコポーロよろしく気づきを求め、パワースポットへ訪問したり、ワークショップに参加したり、インターネットの中で検索の旅を続けます

まさしく私もその一人でした

直接会った世界的に有名な人だけで

 アモラ・クゥアンイン
 バシャール
 メルセデギック・ドランバロ
 チベット仏教のNO2(ごめんなさい名前忘れました)
 ヨガの世界的マスター(匿名です)

訪れたパワースポット数知れず

そこにはいっぱいの”気づき”がありました

一方で、こうやってウロコポーロを求めるマルコポーロになると、感動への執着と強迫観念が生まれるのもまた事実です


(気づきの感動を探求している人はここから先は読んではいけない)

しかし、考えてみると感動を求めているのはなぜでしょうか?誰でしょうか?

気づきたい理由は、「今から逃れたい」「この現実を嘘だと言って欲し」ということかもしれません

そしてそれを、必要としている人は、今を別なものにすり替えてほしいエゴだったりします

(ハイ私はそうでした。)

もしもこういう気付きを求めるなら、悟りに近づいているようで、近づいていないかもしれません

6月23日の日記の中で書いた「気づいている人」とは、ウロコポーロや一瞥体験のことを指しているわけではありません(もちろんウロコポーロや一瞥体験も貴重な経験ですが)

これは、”日常の自分の状態に気付いている人”のことです

大きな体験ではなく、日常の所作こそが悟りにつながっているのです

「今は○○を楽しんでいる」「○○を嫌がっている」「○○に起こっている」「○○に我慢している」「○○を楽しみにしている」など自我の反応に気が付いているということです

簡単でしょ?

常にこれが出来れば、悟りはすでにあなたのものです

でも実は結構難しいですよ!

怒り心頭の時に、「私は怒っている」なんて観察しようものなら、「邪魔すんな―」て自我にどやしつけられますから

怒ることは自我にとってエゴを死守するためにやってますから、必死なんです

それでも、自我に怒られながら、観察を続けていくとだんだんわかってきます

思考も感情も勝手にやってきては勝手に去っていく泡沫のようなものだったと!!!

それは自分と呼ぶようなものではなかったんです!




何か感じることがありましたでしょうか?もし何か感じることが出来たらお互いに大成功です。それを言葉にせずにそのままにしておいてください。言葉や理解、そして変化は後から勝手にあなたを追いかけてきます


ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
 
 air_rank.gif

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。