Two Hats -はじめに (1)-

気がつくと、もう9ヶ月も放置してしまった

その間ずいぶんと長いあいだ座っていましたーーー(瞑想です)

備忘録のようなものだから誰も困ってないんないんだけど。。。(独り言というのもさびしい気はするけど。。。)


それはさておき

最近、スピリチュアルといわれるものにも、ホントいろんな内容があると思います

右の横綱を成功哲学とすれば、左の横綱はアドヴァイタ(ノンヂュアリティ、非二元論)ですね

アドヴァイタを多くの人が話し始めるなんて、どう見ても異常ですけど(いい意味でだけど)

ただ、どちらか一方だけを、ぶれずに主張し、実践し続ける人はいないですね(少なくとも表には出てきていない)

実際のところ、成功哲学という”わらじ”を履いたり、非二元論という”わらじ”を履いたり、うまい具合に切り替えています

だって現実の世界で生きるのはそう単純なことではないから、、、“二足のわらじを履く”ことになるのはしょうがないよね


ここで(ちょっと唐突だけど)、二足のわらじを履くというのを、英訳してみると Wearing two hatsとなります

  靴じゃなくて、2つの帽子か。
  西洋では頭のほうに意識が行っちゃうのね(この東西の違いはなんとなく納得)

ここで英訳のWearing two hatsを日本語に戻してみます。世紀の誤訳?で

Wearing two hats→「ふたつの”ハッと”が頭に浮かぶ」


つまり

「二足のわらじを履く」

は英語で

「Wearing two hats」

となって、それを芸術的センス?で日本語に戻すと

「ふたつの”ハッと”が頭に浮かぶ」

になっちゃう


で何が言いの?

つ、つまりね、成功願望であれ非二元であれ、どちらも大きなハッと(気づき)がある、ということが言葉の上でも証明されている

なので、これからこのブログで大きく違う二つの立場を比べながら、話をしてみよう、、、、という提案、、、、

そうです、今日の日記のタイトルというかこのブログの趣旨の説明だったんです(汗)

つづく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。