いまにある

幕末、多くの外国人が日本を訪れ、紀行記を残しています

ほとんどは日本の文化の高さ、民度の高さなどにつての驚きを記述しています

そしてなにより、庶民の子供たちが屈託なく良く笑うと書いてあるものもあります

また、江戸時代の人は「宵越しの金は待たない」ともいわれていました

つまり稼いだお金はパッと使ってしまうということです

現代人よりも、いまにいきる、ということに上手だったのではないかと思います


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント