この世は自分の心の写し鏡

この世の中は自分の心の写し鏡になっています

ネガティブなことでもそれは自分のDNAの中に経験するべき元のして組み込まれているのだと思い、他人を責めることをやめると、とぐるぐると頭の中で続いていた思考の独り相撲が静まります

そうするとこの世の中の全ての楽しいもの美しいものを受け取っていいんだという気持ちがわいてきます

他人を見て、素晴らしいと思ったりうらやましいと思たりするのは自分の心の中にある宝物に気づくためのサインです

映像として映る他人に執着するのではなく、心の中にある宝物を感じてみましょう

そっとそれを手に取って暖かく包み込んでみましょう

今日心が温まれば、近い将来それが映像となって表れてきます

ネガティブなものを受け止められる力が、大きなポジティブな出来事を生み力になります

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。