感謝する気持ち2

自分にとって不都合な出来事に対する感謝するということについて昨日書きました

よく言われることですが、自分自身は神であり、この世を体験するために生まれてきたと言われます

つらいことも、楽しいことも神様になったつもりで受け止めていければいいのですが

いいことがあると、自我が増長し

つらいことがあると、受け止めきれなくなるのが普通です


つらいときはそれを受け止めるのにいろいろな方法がありますが、

「私は神であり、この世のすべて、自分お体験の全ては自分が作り出している」

とマントラのように呟くのも一つの方法です

世の中が少しづつ変わっていくのがわかると思います


もし、「そんなはずはない。こんな理不尽なことは自分自身が設計するはずがない」

という声が出てきたら

そこに神が与えた成長の機会があります

人のせいにしかできないような理不尽なこと、それが次元を超えるポータルのありかです



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント