幸せになるコツ(続編1)

幸せになるコツは条件を付けないことです

条件とは幸せの条件のことです

お金が〇〇以上あって、パートナー(恋人や配偶者など)は○○で、家は〇〇で、、、、、といった感じの条件です

人は幸せになるためにその条件の達成に励みます

そしていくつかの幸せの条件を満たし、手に入れた瞬間満足感を味わいます


これ事態悪いことではありませんが

この成功体験が人を幸せにすることを難しくしていきます

人は幸せになると、その幸福を感じるよりも、幸せになるための条件を記憶しようとします

ああしてこうして、そしてこうなってそうしたらああしてこうして。。。。。。。。

もう一度幸せになるためにその方法論を身体に叩き込みます

しばらくすると幸福感は冷めていきますから

習得した方法論を使ってさらに大きな幸せを手に入れようとします

しかし、次の幸せを手に入れるためには、幸せになるための条件が厳しくなり、大変な作業になります

それでも、成功体験を繰り返すことによってさらに大きな幸せを手に入れようとしたり、もしくは、抱えきれないほどの富や名声を維持しようとします

お金持ちがお金に一番執着し、権力者が権力に執着していくのはこのためです

それは彼ら幸せに条件を付け、どんどんハードルを高くしていきます

難しい幸せを手に入れないと気がすまなくなっていくからです

持てる者ほど満足するための条件が厳しくなり、幸せになりにくくなります

続きます



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。