鏡を使った願望達成の方法

一昨日、鏡を使った浄化の方法を説明しました

試された方はお分かりだと思いますが、体のいろいろなところに溜まっていたいろいろな嫌な感覚を感じたと思います

人は記憶だけでなく、体の筋肉等の緊張を使っても出来事を記憶します

ネガティブな出来事では筋肉が緊張し、それを条件反射的に記憶します

どこから来るのかよくわからないけれど、不幸な感覚というのは、体が記憶しているネガティブな意識です

ですから、記憶された緊張を呼び起こして、意識の下に照らすことで、無意識に働いていたネガティブな感情をストップさせることが出来ます




今日は願望達成の方法を説明しますので試してみてください

この方法は、神との対話の第一巻を読み直した時に降りてきたものです(第一巻は自己実現についてフォーカスされています)

もし、一昨日と昨日、鏡の浄化方法を試された方は、浄化されて、身体が新しいものを受け取る準備が出来ていますので、いまこの願望達成の方法を取るのはとても効果的です

鏡を見て、自分の口だけを映してください

そして、アフォーメション(なりたい自分の説明)してください

この時の鏡にうつる口は、神、スピリチュアル的に尊敬できる人、願望達成にかかわる人の口だと思ってください

つまり、その人たちが、あなたに語りかけるのを聞くという形をとります

身体にその言葉が浸み込むのを感じてください

いろいろな部分が反応するかもしれません

そういう身体の反応を通じて、あなたの願望は潜在意識にしみ込んでいきます



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント