科学は人を幸せにはしたか?

科学は生活を便利にしましたが、人を幸せにすることは出来ませんでした

科学というのは分析であり、原因を結果の因果関係を明確にしていて、システムを構築して行くことです(足し算の法則)


しかし一方で、幸せになる道は、因果関係を捨ててその状況と一致することです(引き算の法則)

原因を結果の因果関係を明確にしていてくやり方は、不幸を納得することになっても、不幸から抜け出すことにはなりません

なぜなら、解決策は同じ次元には存在していないからです

因果関係を乗り越えたところにあるのです


科学と精神という点において、われわれはまったくの両極端の中にいます

なんてやりがいのある魂の学びの役目を背負って生まれてきたのでしょうか?



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント