捨てる神あれば拾う神あり (アカシックレコードは福神漬け)

古い政府は新しい政府によって悪く書かれるというのは歴史のバイアスとしてよくあることです

政府に限らず、今問題となっている朝日新聞のような例もあります

しかしようやっと近年になって江戸時代が見直されるようになってきました

いま日本が文化として発信し誇れるものの多くは、江戸時代のもです

10年以上前ですが、江戸時代が気になって調べていたことがあります

浮世絵は西洋絵画界を震撼させ、特に印象派の画家たちには大きな影響を与えました
(浮世絵がなければ印象派の絵画は、今とは違った形になっていたことと思います。それほど大きなインパクトを与えたのです)

20世紀前半の空前のジャポニズムがあったのです

ジャポニズムがなければティファニーはなかったといっても言い過ぎではないかもしれません

しかし残念ながら、第一次世界大戦の勃発によって、ジャポニズムは政治的に封じ込められ記憶共々消されてしまいます



江戸時代は究極のリサイクル社会でした

いろいろ話はありますが、一つだけスピ話につながりそうなものを紹介させていただきたいと思います

江戸時代末期、農民は使い物にならない(売れない食べられない)野菜を川に捨てていました(実は豊たっだんです)

そうすると、川下でその野菜を拾い集めて利用する人が出てきました

拾い集めた人は、そのままでは食べられないので、味を付けて、ぐつぐつと煮込みました

それは大評判となり、その人は大きな財を成したと言います

その煮込んで売られた野菜の名前は「福神漬け」です

拾ったものに神の名前を付ける

何とも大胆ですが、全ては神であるという八百万の精神が捨てられた野菜に宿ったのかもしれません



捨てる神あれば拾う神あり



ここ数日で、サレンダーの話を書きましたが、サレンダーとは自我を捨てることです

この捨てられた自我は、神の手によってアカシックレコードに記憶されます

使い物にならない自我は捨てた瞬間に神に拾われ神の記録として生まれ変わります

アカシックレコードは福神漬と同じです

無駄にされるものは何もありません



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

無になる不安

サレンダーすることを妨げるのは信頼の他にもう一つあります

何にも取り柄のない人になりそうな恐怖です

普段知識を蓄えるというのは足し算の法則を使っていますので、その反対の引き算の法則を受け入れるには勇気がいります

いらない荷物を降ろしたときの爽快感を手掛かりに進んでいかなくてはなりません



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

努力2

サルの道とネコの道があると言います

子ザルは努力して力いっぱい母ザルにしがみつき母親とともに移動します

子ネコは母ネコに咥えられ、どこであれ連れて行かれるに任せ、行くべきところへたどり着きます



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

静かになってみる

お盆休みの人も増えたのではないでしょうか?

ただ静かにしてみると気づく自分自身の特徴があります

何もしていないのに突然不安がグーンと増えてきたりります

そして、いつもならその不安に対して行動を起こするところを、ぐっと我慢して、何もしないで静かにしていると、自然に過ぎ去って行って爽快さがスーッと入り込んできたりします

別に何もしなくても勝手に消えていくのだと気づきます



心は何もしていなくても、うねりのように、勝手に揺れるリズムがあるのだと思います

その大きな揺らぎに、日常の出来事が加わり増幅していきます

日常の出来事はトリガーにすぎません

出来事自身よりも、大きな心の揺らぎの方が問題です

自分の中に、どんな揺らぎがあるのか気づくことが出来れば、変容することにとても役立ちます



ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スイングバイ

らせん階段を登る人を真上から見ると、ただぐるぐると同じところを回っていようにみえますが、確実に上へ上へと上がっています

そして、次のステージへと到達します


スイングバイという惑星探査機を加速させる方法があります

それは惑星の重力を使って速度を上げる方法です

例えば、地球から火星など他の惑星を目指して打ち上げられた探査機は、まず地球の周りをぐるぐる回って、地球の引力を利用して加速しながら、十分なスピードが付いたところで、その軌道から離れ、一気に火星を目指すというものです

(子供が大人の手をつかんで、その大人の周りをままぐるぐる回るとだんだんと加速されて、手を離すとものすごい勢いで外に飛び出して行く原理です)


惑星探査機が地球の周りを回るその様は、螺旋階段を上る様子に似ています

惑星探査機は重力を利用して、無重力の世界へ飛び出して行きます

人も重力のある地球という名の道場で、魂を磨いて、波動の高い世界へと飛び出していくのです

地球の周りをぐるぐると回っているときは、それ以外、生きていくすべはないように思えますが、それは思い込みです

思い込みは手を離すだけで切り離されて行くのですが、それにしがみついているのは自分自身です


手を離せば広い広い宇宙が外側に広がっています

手を離す瞬間それが悟りです

もしそれがまだでも、より遠くへ飛ぶために加速中だというだけです


信じましょう


自分自身を


憎しみ、悲しみ、怒り、ねたみなど重たい気持ちを利用して、無重力の世界へスイングバイしましょう


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ