いまにある

幕末、多くの外国人が日本を訪れ、紀行記を残しています

ほとんどは日本の文化の高さ、民度の高さなどにつての驚きを記述しています

そしてなにより、庶民の子供たちが屈託なく良く笑うと書いてあるものもあります

また、江戸時代の人は「宵越しの金は待たない」ともいわれていました

つまり稼いだお金はパッと使ってしまうということです

現代人よりも、いまにいきる、ということに上手だったのではないかと思います


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

再創造

一度目覚めの道を歩き始めた人が後戻りすることはないといいます

それは生まれる前にいたところに戻ろうとする本能だからだと思います

しかしただ戻ろうとしているのではありません

制約のある3次元の中で覚醒しようとしているのです

これって本当にすごいことだと思います

本来の姿に気づくだけでなく

気づいたことのパワーがすぐさま3次元の状況を変化させてしまうのですから

等しく再創造の機会が与えられているのです

今の生活を楽しむのよもし、もしも、再創造するのもよし

今あるがままで間違っていません


ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

無欲

昨日に続き「覚醒の炎」からの抜粋です

「あなたが何も望まず、何も頼まなければ、そのとき神はあなたがどこへ行こうとそのあとをついて歩くのだ。あなたが何をしようと、どこへ行こうと、彼は常にそこにいる。何も頼んではならない。何も望んではならない。そうすればすべてはあなたに与えられるであろう。」

イソップ寓話の「金の斧、銀の斧」と同じことを言ってますね

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

努力3(挫折=人生最大のチャンス)

今日は「覚醒の炎」の主人公ブンジャジの言葉です

ブンジャジは、「ただ座りなさい。あなたの本性が自然に現れるのを許しなさい。努力の必要はない。なぜなら努力している間、あなたは何かにしがみついているからだ。努力とは依存なのだ。」と言っています

努力とはエゴもしくは、社会にとって都合のいいことなのです

ただ、この境地になるためには、出来事全てを判断せずに受け止められる度量が必要です

努力をしないのは簡単ですが、起こった結果全てに責任を持つことの方が難しいんですね

完全に人生をゆだねることが出来れば、全てが手に入るのと同じだと言われても、恐怖心が顔を出します

しかし、幸か不幸か、人生生きているとこのような境地になるチャンスが”挫折”という名前で何度かやってきます

挫折は人生最大のチャンスなんです

ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

努力

努力のおかげと思うこと、もしくは努力が必要と思うこと

それはエゴの生み出したものです

努力なしに生み出したもの、今ここにあるもの

それは真我の生み出したものです

努力をする人生から、努力をしない人生に変えていくことがアセンションです

(努力しない=何もしない、ではなりません。)




ヽ(´▽`)/ランキング参加しています。宜しくお願いいたしますm(_ _)m 
 3a.gif
blog_import_53896bc66999d.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。